plofile

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

recommend

KING’S
KING’S (JUGEMレビュー »)
レッド・ウォーリアーズ
ノー・ビッグ・ディール
ノー・ビッグ・ディール (JUGEMレビュー »)
The Street Sliders, 村越弘, JOY-POPS

archives

latest entries

recent comments

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

初☆海水魚水槽



じゃ〜ん!とここに見えるは新しい水槽立ち上げました。
20cmキューブの海水魚水槽です

カクレクマノミ2匹を収納予定、小さい水槽は管理が難しいですがあえてチャレンジしてみます!!!

これが立ち上げ5本目。
(150cm水槽1本、60cm水槽3本、そして今回の20cm水槽)
人様の海水水槽を立ち上げた経験はありましたが、自分では初なのでどうなることやら・・・
天然海水を使ってます、歩いて汲みに行けるほど海が近いのでよかった。
カクレクマノミ導入のときにまたアップしようと思います。


さて60cm水槽ですがブルーゼブラシクリッド2匹仲良く☆になりました。
やっぱりホームセンターで生体買いはダメですね、ちゃんとした熱帯魚店で買いましょう。

実はフロントーサが餌も食わず、ふらふらと風前の灯火状態だったもので、これはそう長くは持つまいと、フライングしてもう1匹フロントーサ(3cm)を買ってきてしまいました・・・が持ち直して元気にしております。

60cm水槽に2匹・・・ヤバイです。

現在7匹が元気に泳ぎまわっております。
アイスブルーが一番からだも大きいのでボスになって、威張り散らしてる模様。

| 熱帯魚 | 03:30 | comments(0) | |

NEWファミリー



シクリッド追加しました!
熱帯魚飼育もどんな魚飼おうかと悩んでる時期が一番楽しいですね。

ずいぶん水槽もにぎわってきました。
前回より3匹増えて
☆ブルーゼブラシクリッド(2cm) ¥300 2匹
☆キフォティラピア・フロントーサ(5cm) ¥1980 1匹
計8匹。
ここいらが60cm水槽の定員かもしれませんね。

フロントーサだけでOUTですか!?
これだけはずいぶん悩みました、90cm以上の水槽飼育が好ましいらしく窮屈な思いさせてしまうけどゴメンネ。
他のは元気に泳ぎまわってるけど、フロントーサだけはポンプの陰に隠れてなかなか出てきません。

熱帯魚屋の水槽でもすべて10cm超えのアーリーやカエルレウス25匹ほどの中に入れられてて、この子は虐められてたみたいで一匹だけ岩陰で怯えてました。
近所には一軒しかショップがないので選別できるほどの魚はなく、不安ながらこの一匹を連れて帰ってきました。
我が家に来たからは一番大きいんだし、虐める魚もいないのでのびのび泳ぎまわって欲しいです。

※画像はアイスブルーですよ。

| 熱帯魚 | 23:23 | comments(0) | |

シクリッド水槽



買ってまいりました!

我が家へやってきたのは
☆ラビドクロミス カエルレウス(2cm) ¥360 2匹
☆スキアエノクロミス フライエリイ(アーリー)(3.5cm) ¥380 2匹
☆アイスブルー(4cm) ¥980 1匹
計5匹

まだどれも小さいよぉ〜
シクリッドは縄張り争いがあるので混泳には向いてない魚ですが、
逆に沢山入れて縄張りをなくす、争いを分散させるなどの方法で混泳させます。
単独飼いじゃ淋しいからね、にぎやかな水槽にしたい。

綺麗だよ〜見てて飽きない。
部屋暗くして水槽の明かりだけでまったりコーヒー飲んでるひとときがいいんだよなぁ。
癒しですよ。
アイスブルーの青い体に黒の縦縞、黄色い背びれ。他の4匹より一回り、二回り大きいので見応えがあります。

アーリーとカエルレウスは定番のシクリッド入門魚なので沢山情報があるのですが、アイスブルーに関してはググってもヒットしないので詳しい方がおられたら情報ください。

今の所争うことなく平和ですが、いざというときの避難所になる岩などを入れようと思ってます。



こちらがカエルレウス君です。
| 熱帯魚 | 20:11 | comments(0) | |

熱帯魚生活 再び!



8ヶ月ぶりの熱帯魚生活の再開です!

以前アジアアロワナを飼っていたことは書きました。
引っ越しに伴い1500と600の水槽を手放し水槽生活から足を洗ってましたが
4日前にFive Plan(GEX)600×300×360のガラス水槽を購入
(水槽・上部濾過・二灯式ライト・ガラスフタの4点セット)
なので足りないヒーターをホームショップで買ってきました。
常時26度をキープするらしくサーモいらず、こんなのいつの間にできてたんですか!?

今回は初のアフリカン・シクリッド飼育にチャレンジしてみます。
弱アルカリ性の水質を作る為に上部濾過槽にサンゴ砂(大)を投入、
(大)はデカ過ぎたようだ・・・
底砂には硅砂を敷き、蛍光灯をカリビアンブルーに交換、ブルーの明かりで水槽内がとっても綺麗です。
(アロワナの時はトロビカルレッドで赤い照明にしてました。)

水槽台にいい物がないかとホームショップを物色、なかなかこれといった物がない。
本来、合板でできている3段式のカラーボードは重みに耐えきれないので不可なのですが、横にするとサイズがぴったりの2段式カラーボード発見、これを無理矢理補強して使用することに決定!
補強用の板を打ち付けたりで約60kgの重みに耐る丈夫な台ができました。

水道水を注ぎ、この状態で一週間水を回すと水も澄みバクテリアも増え魚が住める環境ができるわけです・・・





でも今日魚買ってきてしまいました・・・一週間も待ち切れなかったΨ(`▽´)Ψ

| 熱帯魚 | 03:01 | comments(0) | |

龍魚 初代キャンディー 紅龍



注)この画像は拾い物です。(紅龍)

以前住んでた部屋では熱帯魚を飼ってました。

当時引っ越したばかりでTVと布団だけであまりにも部屋が殺風景なのでインテリアにと60cm水槽にネオンテトラやグッピーやコリドラスなど小魚を50匹ほど入れて楽しんでました。

毎週何件かの熱帯魚屋通いが休日のおきまりになってデートコースにも使ってました。小さな無料の水族館って感じでデートにばっちりです。

ある日初めて行った熱帯魚屋にそいつはいました。
70cmものアジアアロワナ(橘紅龍)見たとき衝撃が走りました、

「俺の部屋にこいつが泳いでたら・・・」

そう想像したらいてもたってもいられません どうしてもアロワナが欲しい!!
でもおいそれと飼える魚ではありません、金額もですが大型魚、水槽飼育下でも60cm以上になるのですからそれが泳げるサイズの水槽が必要。
そして水量! 器具なども入れて600kg近くなる重量に我がボロアパートの2階の床が抜けないかが心配です。

そんな疑問や質問を携帯の熱帯魚サイトで話してるとなんとそこで知り合った方がアロワナをタダでくれると言うじゃないですか!
なんとその方は熱帯魚雑誌に記事を書いたり、本も出してる有名な方でした。ほんとその節はありがとうございました。

それならばと飼育できるぎりぎりのサイズ150×60×60cmの水槽を購入。居間に設置したけどこれがデカイデカイ、大人がすっぽり入れますよ。

東京より宅急便で送って来る日は死着してないか気が気でありませんでした。梱包を開けると20cmほどの細長い背中が現れたときにはホッと安堵。

キャンディーと命名

だがこの子は半年の命に・・・一ヶ月後に二代目キャンディーがやって来ましたがそれはまた次回の講釈で。
| 熱帯魚 | 02:15 | comments(0) | |