plofile

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

recommend

KING’S
KING’S (JUGEMレビュー »)
レッド・ウォーリアーズ
ノー・ビッグ・ディール
ノー・ビッグ・ディール (JUGEMレビュー »)
The Street Sliders, 村越弘, JOY-POPS

archives

latest entries

recent comments

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

<< 自作濾過槽 | main | 完成!自作オーバーフロー! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

自作3重管&配管




なんとか配管図ができ購入した部品は
VP13パイプ 1m
VP13エルボ 6個
VP13キャップ 1個
VP13チーズ 1個
VP13ボールバルブ 2個

VP20パイプ 50cm
VP20エルボ 3個
VP20キャップ 1個
VP20オスソケット 1個
VP20メスソケット 1個

VP40パイプ 10cm

ゴムパッキン2枚

1個数十円の世界、塩ビ管がこんなに安い物だとは知りませんでした。
ただボールバルブだけは1個2000円近くするので冗談じゃないと、ヤフオクで600円でゲット。

まずは3重管にするのでピストルから制作開始。
20のエルボにドリルでガリガリと13のパイプが入るまで広げて差し込んでコーキング。
差し込んだパイプですが排水の邪魔にならないよう、エルボの内部に合わせて斜めにカットしてあります。

なにしろ設置スペースが狭いのでエルボも切って縮めたりもしてます。




3重管はアクリルパイプ 13mm 26mm 40mm


まずベースとして5cm四方のアクリル板を用意してオスソケットが差し込める穴を開ける。

13mmアクリルパイプはVP13パイプに差し込めるようにこのサイズに。注水部を手曲げして斜めにカット。

26mmアクリルパイプはVP20オスソケットの外径と同じなので上から差し込む。オスソケットが底砂より上に出て見えてしまうので隠れるようにカット。

40mmアクリルパイプはVP40パイプを1cmほどに切って、それをベースに接着して内側に、アクリルパイプを差し込む。

排水部の溝をのこぎりでギコギコ。
横溝よりドリルで穴開けた方がよかったかなぁとちと後悔。
パイプは余ってるからここも作り直すかも。

アクリルパイプはどれも取り外しができるよう差し込んだだけの未接着。
水漏れチェックもOK! 
そして組み立てへ・・・



| 熱帯魚 | 04:38 | comments(0) | |

スポンサーサイト

| - | 04:38 | - | スポンサードリンク |

Comment

Send a message










Trackback URL

http://gai.jugem.jp/trackback/65

Trackback