plofile

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

recommend

KING’S
KING’S (JUGEMレビュー »)
レッド・ウォーリアーズ
ノー・ビッグ・ディール
ノー・ビッグ・ディール (JUGEMレビュー »)
The Street Sliders, 村越弘, JOY-POPS

archives

latest entries

recent comments

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

引っ越し終了!

やっと引っ越しが終わりました。

新居は徒歩1分の距離なのでほとんどの荷物は私1人で抱えて搬送。
連日、仕事終わってからの搬送作業にクタクタ。



引っ越し荷物の一番の大物は海水魚水槽でしたが、無事1匹も落ちることなく移動できました。
ライブロックも死なさないように海水を満たした発泡スチロールの箱に入れテクテクと運び込みます。



これまでは二段式のカラーボードを補強した物を水槽台に使ってましたが、今回は新たに購入。
外部濾過を隠せるようにGEXの扉付きキャビネットにしました。



値段も安く見た目も良く、収納もできるのでグッドチョイス。

 

住民はカクレクマノミ2匹とシリキ3匹、水槽立ち上げ時からのメンバーで3年になります。

これからの時期は水温の上昇が悩みです、昼間はすでに30度に・・・・・・クーラーが欲しい。

| 熱帯魚 | 22:53 | comments(0) | |

ウールボックスの変更



ウールボックスの変更
スキマーの汚水入れを設置できるスペースがなく。
濾過槽本体を左によせて3cmほどのスペースを作ったところ、ウールボックスが入らなくなったので小型の物に交換しました。
これも100均で買ったものです。



汚水入れは保冷剤の中身を抜いた物です。
スキマー作ったときの一番下の画像に映ってます。
ホームセンターなどいくつか回ったのですが3cmの容器がなくて困りました。
できれば汚れが見える透明の容器に替えたいです。

※気が向いたときに更新してますんで、ほとんどの情報は一ヶ月以上遅れてます。
水槽以外の更新はリアルタイムだったりもします^^;
| 熱帯魚 | 06:28 | comments(0) | |

GEXのe〜AIR 4000W



オーバーフロー水槽ちょこちょこと手を入れてます。

当初スキマー用のポンプにあまり物のGEXe〜AIR 1000S(吐出量 約800cc/分 シングルタイプ )を使ってましたが,パワー不足のようなので同じくGEXのe〜AIR 4000W(吐出量 約2,000〜500cc×2口/分 ダブルタイプ )に交換しました。

今までエアーストーン用とスキマー用と2台使ってたのが一つのポンプでまかなえてコンセントが一つあきました。
熱帯魚飼育も電気使う物が多くてコンセントが沢山必要ですよね。

e〜AIRは自分が知ってる中でも一番静かですが(無音に近い)、さすがにこの大きさになるとそれなりの音がしだしました。
対策として濾過槽がある下段にしまい込みました。
配管にインシュロックで縛り付けてるだけです。



| 熱帯魚 | 23:39 | comments(0) | |

初サンゴ!!!



サンゴ入れちゃいました!!!

3cmほどのすごく小さくてピンクと薄緑で可愛いです。
いきなりミドリイシですよ、ダメもとで安いやつを買ってみました。

天然海水なのでカルシウムリアクター無しで様子みてみます。
光量足りないかもなぁ・・・



水槽が小さいのでこれくらいのをいくつか入れていきたい。
次はヒユサンゴやシャコ貝を狙ってます。(* ̄ー ̄*)ニヤリッ
| 熱帯魚 | 00:30 | comments(2) | |

フロントーサ



フロントーサです。

我が家へ来て5ヶ月近くなります。
8cmほどに成長しまして、うちの水槽では一番成長が早い。
もう少しでアーリーと同じくらいになりそう。
性格はおとなしくて、たまにイエローピーコックに追われてます。

| 熱帯魚 | 01:52 | comments(0) | |

自作小型プロテインスキマー

今回はプロテインスキマーを自作してみました。
エアーリフト式です、本格的なモーター式を作ってみたかったのですが狭くて入るところがありません。



材料は3重管作ったときにあまった26mmアクリルパイプと
金魚のお部屋セットMに付いてたエアーポンプ(e〜AIR 1000S)エアーチューブグランデ600付属の延長パイプ
固定用に手持ちのキスゴム二つにインシュロック。



購入した物はニッソーのミクロエアーS(キスゴム付)プラジョイント(三本入り)100円均一の醤油さしの三点合計700円ほど。



ウッドストーンからは極小の泡が勢いよく出ています。
汚水カップにブクブクと泡は溜まってきてますが、白くて綺麗そうな泡です。
汚れた水が取れるのかしばらく様子を見てみましょう。
エアーポンプが吐出量 約800cc/分とおまけみたいな物なのでパワー不足かと。
1,500cc/分以上あったがいいのかな。

次は高さ20cmほどの小型カルシウムリアクターの構想を練ってます、小さすぎておもちゃみたいな物ですが粗方図面はできあがってます。ただまだサンゴも入ってないのに作ってどうする?と心のブレーキがかかっております・・・




| 熱帯魚 | 03:35 | comments(0) | |

イエローピーコック



たまにはシクリッド水槽の方を。

先日アーリー1匹が☆になりました。
食欲はあったんですがなかなか大きくならず、他の3匹と体格差がつきました。
色も黒っぽくメスなのかと思ってた時期もあったのですが、やっぱり病気持ちだったらしく☆に・・・

現在は
アーリー 3匹
カエルレウス 1匹
アイスブルー 1匹
フロントーサ1 匹
イエローピーコック 1匹
の計7匹

濾過能力アップさせたせいか週1の水替えだけであまり手もかからず水も澄んで綺麗です。



このイエローピーコックが一番大きく水槽のボスであります。
暴れまくるアイスーブルーに勝てるのはこやつだけ。
砂利を咥え毎日地形を変えてるのもこやつ。
エアーストーンを埋めてしまうので、ヒーターのゴム部に乗っけてます。
デカイわりには小食でアーリーほどがっつきません。
| 熱帯魚 | 23:40 | comments(0) | |

新3重管

やっと20cmキューブオーバーフロー水槽が完成したところまでアップしましたが。
すでに水を回してから2週間はたってます。
「あそこをこうすればよかった」「あそこは作り直そう」などと考えがまわっていまして、今回は3重管の外管の切れ目が気に入らなかったので作り直しました。



画像の左が前、右が今回の作品です。
横溝から丸穴タイプに変更、割れないように一番小さなドリルで開けたあとに、一回り大きなドリルでチマチマと開けていきました。

水槽に入れるとまるで既製品のごとく上出来です。
我ながら(*^ー゚)b グッジョブ!!


「ライオン丸G」がスタートしました。
1回目放送見ましたがバカ特撮でした。
主役がパッチギ!なのがいただけない・・・でもこのまま見続けるでしょう。

「Sh15uya ─シブヤフィフティーン─」みたいなのをまたやってくれるといいのだが。

| 熱帯魚 | 03:44 | comments(0) | |

完成!自作オーバーフロー!

いよいよ大詰め!

水槽と配管をつなげて濾過槽も設置。





ポンプはカミハタのRio1100定価4,200円をヤフオク2,300円でゲット。



仮で水道水を注いでポンプ始動!
あわわっ すっごい勢いですわ! 水槽枠を飛び越えて水浸しに・・・
1分に24リットル。このオーバーフローにはオーバースベックなのはわかってましたが、いつかクーラー導入するときがある場合に対応できるようRio1100にしました。

調整機能があるので絞って再始動。
フロー管より上に溜まってきました、今度は排水が追いついてないようなので、切れ目を4ヵ所増やしてどうにかいい感じの流量になりました。

これで一晩放置、水漏れもなく翌日には海水にして濾材はさんごLサイズを4.5kg入れて完成です!
濾過槽にバクテリアが繁殖するまでの間エデニックシェルト2と併用でいきます。
カラーボックスの扉まで作ってしまいました。



思いつきで酔狂な自作を始めましたがなんとか形になり、初めてにしては自分なりに満足できる物ができました。
これを機会に自作癖がつきそうですw

※同じような画像ばかりですいません。制作過程の写真を撮っておけばよかったと後悔しております。デジカメ欲しいな・・・
| 熱帯魚 | 03:18 | comments(0) | |

自作3重管&配管




なんとか配管図ができ購入した部品は
VP13パイプ 1m
VP13エルボ 6個
VP13キャップ 1個
VP13チーズ 1個
VP13ボールバルブ 2個

VP20パイプ 50cm
VP20エルボ 3個
VP20キャップ 1個
VP20オスソケット 1個
VP20メスソケット 1個

VP40パイプ 10cm

ゴムパッキン2枚

1個数十円の世界、塩ビ管がこんなに安い物だとは知りませんでした。
ただボールバルブだけは1個2000円近くするので冗談じゃないと、ヤフオクで600円でゲット。

まずは3重管にするのでピストルから制作開始。
20のエルボにドリルでガリガリと13のパイプが入るまで広げて差し込んでコーキング。
差し込んだパイプですが排水の邪魔にならないよう、エルボの内部に合わせて斜めにカットしてあります。

なにしろ設置スペースが狭いのでエルボも切って縮めたりもしてます。




3重管はアクリルパイプ 13mm 26mm 40mm


まずベースとして5cm四方のアクリル板を用意してオスソケットが差し込める穴を開ける。

13mmアクリルパイプはVP13パイプに差し込めるようにこのサイズに。注水部を手曲げして斜めにカット。

26mmアクリルパイプはVP20オスソケットの外径と同じなので上から差し込む。オスソケットが底砂より上に出て見えてしまうので隠れるようにカット。

40mmアクリルパイプはVP40パイプを1cmほどに切って、それをベースに接着して内側に、アクリルパイプを差し込む。

排水部の溝をのこぎりでギコギコ。
横溝よりドリルで穴開けた方がよかったかなぁとちと後悔。
パイプは余ってるからここも作り直すかも。

アクリルパイプはどれも取り外しができるよう差し込んだだけの未接着。
水漏れチェックもOK! 
そして組み立てへ・・・



| 熱帯魚 | 04:38 | comments(0) | |